アイフル過払い請求を行う

アイフルに対して過払い請求を行う時に、移送申立ての申請をされることがあります。
簡易裁判所ではなく地方裁判所に手続きを移送したいと申請されたり、地元の裁判所で手続きを行うのを京都の裁判所に手続きを移送したいと申請されたりします。
移送申立てについては、反論をすることで却下することができます。
というより、反論をしないと、遠方の裁判所で裁判をすることになり、経費が無駄にかかってしまいます。
もしも士業関係者に手続きを依頼しているのであれば、きちんと反論してくれます。
ただし、移送申立てが妥当な理由かどうか、反論が妥当な理由かどうかを判断する時間ロスが発生します。
要するにアイフルが移送申立てをすることで、裁判が長引くということです。
早く手続きを終えたい時には、移送申立ては無駄な時間の浪費に感じるものです。