銀行で金利の安いリフォームローンの選び方

正しいリフォームローンの選び方は金利だけに固執するのはNGということです。

借入期間や上限金額もとても重要ですし、担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

団信(団体信用生命保険)の加入が可能か否かや手数料などの諸費用も比較要件です。

建材会社の中には自社商品を使ってリフォームすることで金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。

リフォームローンはたくさん種類がありますのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、工事請負契約書の提出が求められることがあります。

ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関ごとに異なります。

低い金利は1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系というものが2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はその原因を丁寧に分析することが大切です。

まず、落ちた理由として考えられることは借入の希望額が収入に見合っていなかった可能性があります。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった融資できないと判断されてしまうなんらかの問題があったのかもしれません。

仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

キャッシングの返済など、きちんとクリアにすることがまずは求められます。

リフォームローン金利比較を効率的に行う時は検索上位に来ている比較サイトを利用すると効率が良いでしょう。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件を簡単に比較できます。

比較検討したい金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますので検索する必要がありません。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずとも自宅に居ながら利用できるローンが増えています。

リフォームローンを組むにあたって、いくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

ですが、じぶん銀行の住宅ローンと比べると借入限度額はわずか1/10です。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円程度です。

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

返済に無理のない借入額を事前にシミュレーションしておかないと大変なことになるかもしれません。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は施工業者によって違うようです。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事が完了次第一括払いでお支払いくださいという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

頭金に必要な費用は工事費用の10%から20%くらいが一般的ですが、契約前に資材費を請求してくる業者もいます。

後で費用の追加請求などをされないためには事前に業者に確認して、その内容を契約書に記載させることです。

おすすめのリフォームローンを探すには 多くのユーザーが集まっているランキングサイトを利用すると良いでしょう。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますからひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、低額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

中古住宅の購入と同時にリフォームを行いたいと考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

極力低金利でリフォームローンを借りるためには担保型のローン一択です。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型の金利が約2から5%に対し、担保型の金利は約1から2%となっています。

その上、貸付金利タイプでも差があって変動金利と固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税の控除があります。

控除の申告をするとその年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件が指定されていて定められています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と決められています。

共用する控除の要件として自分が所有し居住することや所得が3000万円以下などが挙げられます。

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても良いリフォームローンです。

保証人を確保しなくても借りられるので手軽に利用可能なリフォームローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

無担型ローンをお勧めする場合は規模が小さいリフォームになります。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く審査に合格しやすいといった傾向があるからです。

リフォームローンのシミュレーションというものは金融業者のHPで試算できます。

検索サイトで「リフォーム」「シミュレーション」と入力すると該当するサイトがヒットするので表示されたサイトにアクセスします。

借入希望額、返済期間などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報の登録をせず試算することができますのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は難解ですから便利な機能をありがたく使っていきましょう!口コミ評価の高いオリコのリフォームローンをご紹介します。

オリコのリフォームローンは365日年中無休、仮受付してくれるWebリフォームローン仮受付が便利です。

わざわざ金融機関に行くこともなくパソコンから手軽に申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのローンは完済時まで固定金利が適用されるのですが、保証人や担保などが一切必要ないというメリットがあります。

使途には改修工事やリフォームに限らず太陽光発電の設置工事などにも利用することが可能です。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店コードまたはIDを入力しなければいけませんのでご留意ください。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事には何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

工事内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などでしかも100万円を超える場合に適用されます。

申請を行う人物についても要件があり年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

減税は自己申告制なので確定申告が必要となります。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込できる人は20歳以上65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

アプラスの金利ですが、短期融資となりますので7.20%から14.40%と少々高めの設定となっています。

オンラインで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

引用:リフォームローン金利がお得な銀行は?シミュレーション!【返済額は?】