国の教育ローンは母子家庭でもすぐに借入できる?

教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

申請者は学生の親であることが多く学費の支払いのために利用することが多いようです。

義務教育以上の学費や私立の小・中学校なども利用対象となります。

教育ローンの融資を実施している金融機関は銀行やノンバンクになります。

注意事項としては借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。

教育ローンもローン契約に違いありませんので、利用するには審査を通過する必要があります。

審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までには全て揃えておく必要があります。

ネット申込みの場合、借入申込書は不要ですが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。

そのほか、運転免許書など本人確認書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

ですが、何より最も肝心な書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプがあることをご存知ですか?一般的なカードローンと同じで限度額の範囲内だったら自分の好きなタイミングで自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

通常のカードローンとの違いは使途が教育資金に限られるということです。

消費者金融や信販会社に良く見られる商品なのですがカードローン型を提供している銀行もあります。

借入金額が明確になる初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。

教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

色々な原因があると思います。

まず、仕事についていなければなりませんから無職や年金受給者は借りれません。

正社員である必要はありませんが安定した収入を得ている証明が必要となります。

非正規雇用の人は最低でも2年以上の勤続年数が求められます。

年収も200万円以上はないと審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを申請することは可能です。

ですが、ローンを組むには条件があり20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

ローンを契約するにあたり、安定した収入が必須となっている金融機関も多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力も審査をクリアする上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入は欲しいところです。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金を申請した方が審査に通りやすいと思います。

奨学と教育ローンの違いは何でしょう?教育ローンと奨学金は学問のために借りるお金と言う点では共通ですがそれぞれ似て非なるものです。

教育ローンは借り入れ人は保護者ですが奨学金は学生である本人に貸し付けられるものです。

借り方についても違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月振り込まれます。

利息についても違いがあって、教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金は在学中には利息がつきません。

返済開始の時期についてですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのですが、奨学金の返済は卒業後から開始となります。

学生本人が教育ローンの融資を受けるということは基本的には出来ないと言えるでしょう。

学費目的と言ってもお金を借りることに変わりはありませんので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのためにはまずは成人であることが求められますし安定継続した収入があることは不可欠です。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などすべてを自分の稼ぎで賄えていることも重要です。

ですので、国の教育ローンよりは銀行やノンバンクの教育ローンのほうが融資が認められる可能性は高いでしょう。

教育ローンを比較したい時はランキングサイトを利用すると効率的に比較することができます。

金融機関に出向いたり電話で資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額については一覧表になっているので簡単に比較ができます。

ランキングサイトには、来店の要・不要についてやローンのメリット・デメリットなどが掲載されているサイトもあります。

わざわざ検索しなくても、銀行のHPへ飛べるようにリンクが貼られていることが多いので手間が掛かりません。

金利が低い教育ローンと言えば国営の教育一般貸付です。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国のローンが群を抜いて低金利であると言えます。

学費以外に在学のために必要となる住居費用や修学旅行費用など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

しかし、低所得者の救済する目的のローンなので融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。

国が貸し付けている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫が取り扱っています。

教育一般貸付と言う名前のローンで、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

金利は年1.76%という低金利となっており固定金利ですので、利子が膨れ上がる心配がありません。

世帯年収や子供の人数によって受けられる優遇制度もあります。

使途は民間の融資機関よりも幅広く在学のために必要となる住居費用などにも使うことができます。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月からスタートします。

利息については借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

返済期間についても長いローンでなんと、最長20年借入可というものがあります。

しかし、返済期間が長くなるほど返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金に変わりないので返済シミュレーションを必ず行い、返済プランをきちんと立てることが大切です。

銀行の教育ローンというものは、一般的に金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですしローンの返済期間も長いため、支払に追われることなく余裕を持って返済することができます。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が低くなる銀行もあります。

高校生の学費といっても私立高校の場合、学費だけで年間70万円以上もかかります。

学費が払えないと最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校の場合、教育機関ですから即除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

学費が滞っている時の解決策は借金になりますが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。

国の教育ローンなら世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

教育ローンの融資の受け取り方法のひとつに全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。

住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの場合この一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特色としてはローンの契約が成立すると同時にあわせて返済金額も明確に分かります。

返済計画を立てやすくなりますが計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資しお互いを助けあうために設立された非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので金利は2から3%台となっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と、国の教育ローンと比較するとかなり高額で返済期間は15年から20年で長期ローンになっているのが特徴です。

一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

引用:教育ローン母子家庭でも借り入れできる?【審査基準】