ランドセルを買うならどこがいい?イオンがいいの?

どんなことでも1回目はわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなどは滅多に経験しないので選ぶのに迷いがちです。

各社の特徴について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーの数が多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで全て行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの製品の質はとても高いです。

次に製品の質が高いのは販売のみ行う企業です。

他の業界の有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、ブランドに沿っているか厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

暑くなって来て「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年小学校へ入学する子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活時に気になるのは値段の相場という人も多いと思います。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

調査によると7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいます。

実際に販売員をしていた方の言葉によるとその理由を見ると6年間使い続けるということを考えると安いものだとなんとなく不安に思ってしまいますよね。

実際に販売員をしていた方の記事を参考にするとやはり3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくい素材を選ぶことが多いようです。

皆さんが小学生の時、通学する際はどんなカバンで行っていましたか?ほとんどの人がランドセルだったと思います。

自分が親になり子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると少し前までは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに今では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方に困ったら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後数年経過してからもう1度ランドセルを選ぶとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さ収容力が重視されていました。

このアンケートからは色はあまり関係ないことがわかりました。

この前、私用でランドセルについてネットで調べていたらアディダスをはじめとしたスポーツブランドのランドセルがある時代なんですね。

運動が好きな男子に良さそうな印象です。

販売されている製品の評判を集めてみたところ自社製造というわけではなく日本のメーカーへ製造委託しているようです。

耐久性が高く造られています。

アディダスのブランドロゴが被せ部分などに配されており他にも背カンにはフィットちゃんがロゴが反射プリントされているので暗い道などで徹底して使いやすさにこだわっているようです。

最近の夏は来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期になりました。

売り場に行く前にネットで値段をチェックする方も多いと思いますがランドセルの価格が意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラリーノという素材を作っているクラレの調査によると2016年度に入学した子供の平均価格は45.000円以上になっていたようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応サイズが主流になり使う材料が増えていることや刺繍などデザインが複雑化していることなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談してみましょう。

小学校への入学時は教科書を揃えたり学校によっては制服など結局いくらかかるの?という印象を持つ人もいます。

選択肢に幅があり質のいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方のアドバイスによると予算3万円以上にしておくとどれを選んでもある程度高品質な製品が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという発表もあります。

できるだけ品質が良くて安く購入したいという場合は国産ブランドのアウトレットを活用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、機能的にほぼ変わらない前年の型落ち品やキャンセル品が定価に比べかなり安く買えます。

子供が小学校を卒業した後に悩むのが進学すると使わなくなるランドセルの処分です。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるかのどちらかが多かったですが財布やパスケースにリメイクするサービスが最近人気になっています。

なぜリメイク出来るかというとランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性に優れ6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てられず押入れに入れておくよりも形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

そのため、進学した際に定期券を使う場合にパスケースが必要になるなど形を変えて使えることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

夏休み前後からはラン活も本格的になる時期です。

調査によると7月?10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは生産数の問題から夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを考えている場合は早めに動かなければいけないということからこの話が出ているようです。

ただ、夏前など早く決めすぎた場合に子供が心変わりすると大変です。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてことも考えられます。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングや10、11月頃です。

年末の決算や初売りで安くなっていたり、入学3ヶ月前なら体型も変わりにくくなので体に合ったものが選びやすいです。

ここ数年で夏の風物詩とも言える光景がイオンなどで見かけます。

それは祖父母と見られる大人と子供のグループがランドセルを一緒に見ている光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」について調査しました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと意外と高機能な製品になっていることです。

デメリットとしては選べる幅が広いので想定していなかった予算のものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセル展示場に来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達から一番重要視されている色やデザインは「本人が気に入ったデザイン」でも良いのですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたデザインが小学校高学年になってお気に入りのままかはわかりません。

同じようにそのとき人気のキャラもののデザインにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインやカラーを重要視している方が多いようです。

皆さんが来年入学の子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店へ行く人も多いと思います。

中には、流通数が多くて比べやすいし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で買うのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物をチェックしてください。

なぜかというと、通販では本体の重さや価格はわかっても実際に背負った時に軽く感じるかや丈夫さなどがわかりにくく6年間の使用に耐えることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍などのデザインや細かいこだわりも確認できます。

通販を利用するとしたら実物を確認してからをお勧めします。

小学生の時しか使えないものといえばランドセルを考える方も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほとんど色が決まっていましたが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

2016年に行った調査では、水色や紫といった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

年々選択の幅が広がるランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう購入しましたか?まだ買っていない人もおそらく夏のうちに決めたいと考えているのではないでしょうか。

ファッション業界のようにランドセル業界にもトレンドは存在しておりラン活を始めるにあたってトレンドを知っておきましょう。

2018年度入学の女の子は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが非常に人気だったようです。

刺繍を始めとしたデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

刺繍などの特別なデザインがないシンプルな製品の場合ではブラウン系やピンクに近い赤系のカラーが人気です。

最近はリビングで宿題などの勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中できて、親にわからないところを教えてもらいながら勉強できるので効果的と言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアとの調和性が不安ですよね。

そんな時はオシャレなランドセルラックで使ってみてはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下などの空いたスペースにカラーボックスを置いてみたり、現在リビングで使っているラックの一部をランドセル用に使う、床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

夏になりラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

ラン活の際にいくつか注意したい点があるので確認しておきましょう。

1つめは売り場へ行く前に調べておく内容です。

A4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいA4フラットファイル対応サイズが必要なのかです。

次に実際に店頭に行ったときには丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

店頭に行ってから確認したいのは丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さはランドセル単体の重量ではなく他にもいくら丈夫でも万が一壊れてしまったときのために修理保証が6年間ついていると安心できますね。

ここまで色々言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

引用:ランドセル買うなら?展示会で決まらないなら【ネットで比較】